農機・資材 ニュース詳細

2019.01.16 
ヤンマー、トラクタをリコール一覧へ

 ヤンマーアグリ(株)は1月10日、トラクタのリコール届出を行った。

 同社が製造した農耕トラクタのリバーサーレバーのブラケットにおいて、不具合があり、リコール届を行った。リーコル内容、対象車両、改善内容などは以下の通り。

 

◎リバーサーレバーのブラケットにおいて、強度が不足しているため、レバーガイドに外力が加わると溶接に亀裂が発生するものがある。そのため、当該ブラケットが破損し、正常に変速操作ができなくなるおそれがあるため全車両、ブラケットに補強部品を追加する。
▽ヤンマーYT333(車台番号:S0010-100417~S0010-101576、平成28年10月12日~平成30年7月17日製造)150台。
◎次の6機種は、リバーサ―レバーのブラケットにおいて、形状が不適切なため当該ブラケットの強度が不足している。そのため、レバーの繰り返し操作により当該ブラケットが破損し、レバーを支持できず、最悪の場合レバーを操作しても前後進の変速ができなくなるおそれがあるため、全車両、ブラケットを対策品に交換する。
▽ヤンマーYT219(同:S0022-100001、平成29年9月19日製造)1台。
▽ヤンマーYT221(同:S0022-200005、平成29年9月22日製造)1台。
▽ヤンマーYT222(同:S0018-100002~S0018-101123、平成28年4月5日~平成29年9月22日製造)611台。
▽ヤンマーYT225(S0018-200189~S0018-202897、平成28年4月27日~平成29年9月22日製造)786台。
▽ヤンマーYT228(同:S0019-100001~S0019-100766、平成28年3月24日~平成29年9月15日製造)156台。
▽ヤンマーYT232(S0019-300002~S0019-300609、平成28年3月23日~平成29年9月21日製造)81台。

 

(関連記事)
ドラマでも話題に 無人走行トラクター展示とスマート農機実演(19.01.15)
「ライスジュレ」新分野で採用 ヤンマー(18.12.12)
8.4インチモニターで農機の走行ルートを可視化 トプコン(18.12.07)
新たな自動操舵機器を製造・販売 農業情報設計社(18.11.20)
「農業を食農産業に発展させる」で学生懸賞論文募集 ヤンマー(18.07.03)
低コストなマニュアルトラクターを導入 ヤンマーが「YT3シリーズ」に(18.03.30)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ