米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.12.12 
「ライスジュレ」新分野で採用 ヤンマー一覧へ

 ヤンマー(株)のグループ会社が推進する米由来の新食材「ライスジュレ」は新たな食分野で普及を拡大させることになった。

 ヤンマーアグリイノベーション(株)は、これまでに洋菓子店、ベーカリー、外食産業など幅広い分野で「ライスジュレ」を販売。食感の改善やグルテンフリー商品の原料として採用されてきた。

1 ヤンマーの「ライスジュレ」一般向け・業務用2 「お米でできたフィナンシェ」ヤンマーオリジナル商品

 

 オリジナル商品の「お米でできたフィナンシェ」は、トレハロースを使用せずしっとり感を持続させ、品質の劣化をゆるやかにし、グルテンフリーを実現させた。添加物などに敏感な消費者にもすすめられそうだ。
 さらにプロのアスリートが監修し、カロリー補給のためのエネルギー補助食品も開発中。運動中の消化を促進する働きは、パフォーマンスの向上効果が期待される。
 今後も幅広い食分野へ向け、「ライスジュレ」の提案を強化し、米の需要拡大と新たな価値創出に貢献する予定。

 

(写真)
1 ヤンマーの「ライスジュレ」一般向け・業務用
2「お米でできたフィナンシェ」ヤンマーオリジナル商品

 

(関連記事)
お米でできたフィナンシェ発売 ヤンマー(18.11.26)
新食品素材のライスジュレを「SIAL Paris 2018」に出展(18.10.01)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
「農業を食農産業に発展させる」で学生懸賞論文募集 ヤンマー(18.07.03)
生産者の声反映した共同購入大型トラクター決定 JA全農(18.06.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ