米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.11.26 
お米でできたフィナンシェ発売 ヤンマー一覧へ

 ヤンマー(株)のグループ会社、ヤンマーアグリイノベーション(株)はJAぎふとコラボして、岐阜県産の米粉とライスジュレを使った「お米でできたフィナンシェ」を12月1日に発売する。

 同社は、ライスジュレと岐阜県産の米粉を使用し、洋菓子業界で有名な「プルシック」のオーナーシェフ所浩史氏のレシピ監修のもとに開発、原材料に添加物を使用せずに100日の賞味期限のグルテンフリーのフィナンシェにした。

お米でできたフィナンシェ ヤンマーお米でできたフィナンシェ

(写真)JAぎふとコラボしたお米でできたフィナンシェ

 

 ライスジュレはお米と水だけで出来た、保水性・乳化性・増粘ゲル化安定などの機能を有する新たな食品素材。また、今回は農業団体とのコラボ企画第一弾として「JAぎふ」で製造する米粉を使用した。

JAぎふとコラボした米粉を使ったフィナンシェの。材料から一般消費者までの流れ。 今後は「JAぎふ」との新しい商品開発を行うとともに、さらに全国のJAや農業法人などの地域の名産品とライスジュレを組み合わせた商品開発を考えている。
 このフィナンシェは、9個入り3000円(税抜)で12月1日から発売する。販売店は、ECサイト「premiummarche.com」、ヤンマーPremium Marche OSAKA、JAぎふ産直施設「おんさい広場」、岐阜駅構内ショップ、ホテルなど東海エリアを中心に順次全国へ拡大する予定。

 

(関連記事)
1ppm以下のノングルテン米粉誕生 日本米粉協会(18.11.14)
JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来(18.11.02)
米の情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」開設-農水省(18.10.26)
国産米粉100%のパンがグッドデザイン賞受賞 第一パン(18.10.05)
生産者の声反映した共同購入大型トラクター決定 JA全農(18.06.29)
ノングルテン米粉初認証 日本米粉協会(18.06.15)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ