農政 ニュース詳細

2018.10.26 
米の情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」開設-農水省一覧へ

 農林水産省は10月26日、米の消費拡大を目的に情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」を開設した。全国のごはん大盛り・おかわり無料の飲食店や、旅先で味わえる郷土食などに関する情報をグルメ情報サイトなどとの協力で発信する。

JA女性組織 おむすびポスター 全国のごはん大盛り・おかわり無料のお店情報はグルメ情報サイト「食べログ」の協力で、旅先グルメごはん情報は同じく「ぐるなび」の協力で発信する。
 また、ごはん大盛り・おかわり無料キャンペーンなど米の消費拡大に取り組む企業、団体を応援する「わたしたち日本ごはん党」のコーナーを設け、その事業、活動を紹介する。日本ごはん党にはごはん食推進の主旨に賛同し、米の消費拡大に向けた取り組みへの参加を希望する企業・団体が参加できる。
 そのほか、JAの女性組織が47都道府県それぞれの特色あるおにぎりを考案したり継承している「日本のおむすび全部食べた~い」サイトや、米粉の用途別レシピ動画などともリンクしている。
 米の1人あたりの年間消費量は昭和37年度の118.3kgをピークに減少し、平成29年度は54.2kgと半分以下になった。近年は人口減少と高齢化で年間8万t需要量が減少している。
 しかし、ごはんにはたんぱく質や炭水化物のほか、ミネラル類など人間に必要な栄養素が多く含まれている。このサイトではこうしたごはんの栄養や健康面についての情報や、おにぎりダイエットなど民間の取り組みなどを幅広く取り上げ、日本人の主食であり日々の生活に欠かせないごはん食について発信していく。
 WEBサイト:米の消費拡大情報サイト「やっぱりごはんでしょ!」

 

(写真)JA全国女性組織協議会で活動展開する47都道府県のおむすびを紹介するポスター

やっぱりごはんでしょ!大盛り・おかわり無料のお店、お米と健康、ごはん・米粉レシピ、今日からあなたも(画像内のQRコードを読み取ると農林水産省のページに簡単にジャンプすることができます。)

 

 

(関連記事)
中食・外食に大きな米消費拡大の可能性【藤尾益雄(株)神明代表取締役社長】(18.02.06)
【戸井・全農チーフオフィサーに聞く】変化する消費現場に的確に応える(17.12.20)
【熊野孝文・米マーケット情報】コメ消費拡大も外国人頼み? インバウンド需要の実態(18.09.18)
【熊野孝文・米マーケット情報】コメ消費拡大より優先されるべき取組みとは?(18.08.21)
米の消費量4.9%減-6月 米穀機構調査(18.08.03)
【熊野孝文・米マーケット情報】ササニシキ系のコメなら消費が増える? 食味テストの現場から(18.10.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ