左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの活動:全国のJAのホームページから

JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来2018年11月2日

一覧へ

 JAふくしま未来のホームページでは福島地区で10月27日と28日、「食」と「農」JAまつり2018を開催したと紹介している。

JAまつりであいさつする菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長 JAまつりには2日間で約2500人が来場し、ステージショーや農産物品評会、地元農産物を使った美味しい食べ物を味わった。
 今年は平成最後のJAまつりということで、「平成に感謝を込めて 秋の味覚をおすそ分け」をテーマに、女性部や青年部が工夫を加えた味覚を提供した。女性部北福島総合支部は定番の豚汁をうどん入りにし、米粉研究会のクレープは中の具に「パンプキンクリーム」や「スイートポテト」を加え食欲の秋にふさわしいメニューとなった。また、毎年異なるメニューに挑戦している信陵青年部は、焼きそばを食べやすくパンに挟んで販売。
 ステージショーでは「果物食べ比べ大会」や「りんご皮むき大会」など参加型の催しにより地域住民とJAの交流の場となった。
 2日目の農産物品評会の即売会では開場2時間前から行列が出来ており、多くの来場者が出品された果物や野菜、花卉を買い求めた。
 クロージングセレモニーで菅野孝志組合長は「全国的に異常気象だった今年は、農業生産が本当に大変だったと思う。無事に終えることが出来たのも皆さんのおかげ。JAまつりを通して、生産者と消費者が交流することで、活力ある農業につながることを願っている」と来場者や関係者、スタッフに感謝を述べた。

JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来JAまつりで生産者と消費者が交流 JAふくしま未来

 詳しくは、JAのウェブサイトのページ「平成最後の「JAまつり」 2500人が来場」から。

 JAcomでは各JAのホームページの紹介をしています。お問い合わせがございましたら電話またはメールにてご連絡ください。
TEL:03-3639-1121
メール:genko@jacom.or.jp

 

(関連記事)
GAP新規取得者説明会 JAふくしま未来(18.11.02)
【対談】自給率向上の具体策を 農業あっての地域・国家(1)【山田俊男参議院議員・菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長】(18.10.19)
明治神宮で収穫の秋を体感ー東京都農業祭ー(18.10.18)
再度、反対の意思結集を【菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長】(18.10.12)
脱原発で安全な食料「豊かな国土」再生へ【菅野孝志・JAふくしま未来代表理事組合長】(18.03.20)
【JAふくしま未来】震災を乗り越え、農業を続ける想いを実現(前編)(17.10.27)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る