農機・資材 ニュース詳細

2018.11.20 
新たな自動操舵機器を製造・販売 農業情報設計社一覧へ

 (株)農業情報設計社は、これまで配布・販売してきたトラクターなどの運転支援アプリに対応するGNSS装置と自動操舵装置を新たに製造・販売する。

 農業情報設計社は、農業での情報通信技術の利用と、農業機械の自動化・情報化にかかる研究開発と知見の提供に取り組んでおり、トラクターなどの運転支援アプリの開発、配布・販売を実施してきた。
 今回、このアプリに対応するGNSS装置、自動操舵機器の製造・販売を新たに行う。これは、既存のトラクターに取り付け、位置と方向の把握・表示、自動操舵により直進運転をアシストする装置。広いほ場でもまっすぐ・等間隔に作業でき、作業の効率化・負担の軽減を図ることができる。また、重複作業や作業漏れを防止することで、資材コストも低減できる。
 農業情報設計社は、このたび第三者割当増資を実施した。この資金調達により製造・販売体制を強化し、装置の早期普及を目指している。

 

(関連記事)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ(17.05.09)
求めやすく使いやすい コンバイン「HFC325」を発売 ヰセキ(15.12.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ