農機・資材 ニュース詳細

2019.01.15 
ドラマでも話題に 無人走行トラクター展示とスマート農機実演一覧へ

 (一社)日本農業機械化協会は2月28日、国産メーカー各社が発売している無人走行トラクターの展示と、ICTを活用したスマート農機の実演を一般に公開する。

 同協会は、大手メーカー各社が発売している自動運転機能を搭載したロボットトラクターを集め、実演展示する。またICTを活用したスマート農機も同様に展示し、活用方法などについて興味のある人に検討してもらう。
 開催は2月28日12時半から、会場は埼玉県鴻巣市の鴻巣市文化センター(クレアこうのす)と農研機構農業技術革新工学研究センター附属農場。
 ロボットトラクターはイセキ65ps、クボタ60ps、ヤンマー113ps。自動直進トラクターは三菱マヒンドラ55ps、オート・直進アシスト田植機はイセキ8条、ヤンマー8条が実演予定だ。
 参加は無料で、事前に申し込みが必要。詳細紹介サイトで確認の上、2月8日までにメール、FAX、郵送のいずれかで送信する。詳細は、一般社団法人日本農業機械化協会から。

 

(関連記事)
スマート農業 19年夏までに推進プログラム-活力創造プラン(18.12.06)
ドローンが農水大臣賞受賞 ロボット大賞(18.10.16)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ