左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

新型コロナウイルス感染症 簡易検査キット開発状況 デンカ2020年3月24日

一覧へ

 デンカ生研(東京都中央区)は3月24日、開発中の新型コロナウイルス感染症の簡易検査キットの開発状況について公表した。

 同社は、国立感染症研究所と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法開発に関する共同研究契約を締結。AMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の研究班への参画を通じて必要な抗体と抗原を国立感染症研究所から分与を受け、イムノクロマト法による簡易検査キットの開発を進めている。

 通常、簡易検査キットの製造販売の承認は取得までに最短で1年半から2年を要するが、同社は、開発を早めるために関係官庁や公的機関、国内外の研究機関の協力と支援を仰ぎながら、2~3か月以内に試作品を完成させて評価し、体外診断薬の国内薬事承認を取得することを前提に、今後1年以内に最大1日10万検査分の量産体制構築をめざしている。

 さらに、様々な医療現場の検査ニーズにこたえるため、ELISA法や遺伝子診断法を含め、イムノクロマト法による抗原検出以外の診断方法も同時に検討を進めている。 同社が2019年9月に株式を33.4%取得した台湾PlexBio社では、新型コロナウイルスとその他の呼吸器感染症関連ウイルスの有無を同時に測定する検出法を開発中で、すでに試作品が完成。今後、台湾で実用化に向けた検証を行うとともに、日本での展開も検討していく。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る