想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

積算温度計で収穫時期を予測 シンワ測定2020年9月25日

一覧へ

シンワ測定(株)(渡辺徹社長)は、収穫時期を予測する「積算温度計 防水型」を発売した。見やすい液晶画面や水がかかっても安心な防水仕様となっている。

積算温度計 防水型積算温度計 防水型

「収穫時期を予測したい」――そんな時にお勧めの商品として発売したのが「積算温度計 防水型」(品番73480)。日々の平均温度を一定期間にわたって合計するのが積算温度で、農作物の収穫目安に利用される。

例えば一般的なイチゴであれば、開花してから約600~800度に積算温度が達した頃が収穫のタイミング。開花から30~40日頃に収穫のタイミングが予測できると言われるが、日々の温度はまちまちであり、実際は予測が難しい側面がある。積算温度計の使用でより正確な収穫時期の予測が可能になる。

液晶画面の文字は読み取りが楽な大きさで、電池消耗表示付であるため電池の消耗具合も一目瞭然。

温度の積算を続けたまま電池を交換することも可能で、測定中に電池が切れてもそれまでの積算温度を保存できるバックアップ機能付き。

フック穴とスタンドが付いており、場所によって設置方法を選べる仕様で、測定可能な温度は-5~50℃、積算日数は約400日(平均温度25℃で計測した場合)となっている。

電源は単4アルカリ乾電池 4本、電池の寿命は約2年。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る