想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

BASF子会社がベストイノベーション賞を受賞2020年11月26日

一覧へ

総合化学メーカーBASFの子会社であるBASFデジタルファーミング社が提供するデジタルソリューション・xarvio HEALTHY FIELDS(ザルビオ ヘルシーフィールド)が、クロップサイエンスアワードで最も優れたデジタル農業技術に贈られる「Best Innovation in Digital Farming Technology」を受賞した。

BASF子会社がベストイノベーション賞を受賞

今年で14回目を迎えた同賞は科学、技術、リーダーシップの分野で最高の取り組みを称えるもので、農業界で最も高く評価されている賞のひとつ。

今回、BASFデジタルファーミング社が受賞したベストイノベーション賞は、世界中から8件がエントリーがされた競争率の高い分野だったが、業界の専門家で構成される独立した審査委員会は市場をリードするアプローチとして、スマートな精密デジタル農業技術を提供するザルビオ ヘルシーフィールドを選出した。

ザルビオ ヘルシーフィールドは、ほ場とそのシーズンに特化した冬小麦の作物保護戦略を定額で提供する成果ベースのデジタルソリューションで、今年ドイツとフランスで上市したもの。

生産者が入力したほ場情報のほか、生育ステージシュミレーション、気象予測や病害リスクなどを、実証されたアルゴリズムを用いて解析しほ場のリスクレベルを割り出すことで、対象を的確にとらえた農薬散布を実現した。作物生産を最適化するデジタル農業の最先端技術の提供と、生物多様性や持続可能性に貢献している点が評価され、今回の受賞に至ったとしている。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る