想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の種子市場 世界的な需要の分析と機会展望 レポート発売2021年1月20日

一覧へ

KennethResearchは1月15日、調査レポート「世界の種子市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」を発売した。

世界の種子市場 世界的な需要の分析と機会展望 レポート発売新型コロナウイルスの発生とパンデミックを制御するために取られた措置は、世界中の農業部門に壊滅的な影響を及ぼしている。種子は農業生産の出発点となるため、新型コロナウイルスによるパンデミックなど危機の時期に、種子を配達することは、生産サイクルをサポートするために継続しなければならない重要なサービスといえる。しかし、フライト数の減少による国内または国際的な種子の輸送に関連する問題や、ドライバーの減少は、予測期間中に市場を妨げると予想される要因となっており、スタッフが少ないために、必要な書類の処理が遅くなり、シードセクターに特定の問題が発生している。

市場ドライバー:種子交換率の上昇

種子は食物連鎖の進展の基盤として機能し、農業食品システムの持続可能性において重要な役割を果たす。世界中の農家は、限られた資源の利用可能性からより高い収量と利益を得るために、従来の農業方法から徐々に移行。そのため、商業用種子は業界の主要なトレンドの一つになっている。種子の交換率は、使われた種子の総数に対する、生産のために調達された新しい種子の割合として定義される。

同レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明。市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれる。

市場セグメンテーション洞察

世界の種子市場は、種子の種類別(GM、コンベンション)、特性別(除草剤耐性、耐虫性、積み重ね)、作物の種類別、地域別、国別などによって分割。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る