JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

アメリカ発 重機タイヤの泥落とし「フォズマット」農地に導入2021年6月30日

一覧へ

北米企業の日本展開をサポートする総代理店、MCIC JAPAN合同会社(東京都千代田区)が、日本で販売している重機タイヤの泥落とし「FODS / フォズマット」が、広島県のレモン畑で導入された。通常は、工事現場で使われており、農地で使用されたのは初めて。

レモン畑から公道への出入り口に設置された「FODS / フォズマット」レモン畑から公道への出入り口に設置された「FODS / フォズマット」

「FODS / フォズマット」は、レモン畑から公道への出入り口に設置され、公道に戻るトラックのタイヤの泥や小石を落とし、公道に異物を落とさないよう安全を確保している。簡単にタイヤの泥を除去できるため、人件費の大幅節約に貢献。現場で作業を終えた泥だらけの作業車を洗車する際の水の使用量も削減し、環境問題対策にもなっている。また、農業者の高齢化が進む現場では、今までにない新しい形状と色目のアイテムの導入により、若者の採用に与える効果も期待されている。

【黄色いポコポコ泥落としマット「FODS」広島のレモン農家でも活躍中】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る