Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

窒素肥料市場 2026年に856億7000万米ドル規模に到達見込み2021年7月21日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは7月16日、市場調査レポート「窒素肥料の世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年~2026年)」(IMARC Services Private Limited)を発売した。

窒素肥料市場 2026年に856億7000万米ドル規模に到達見込み

窒素肥料の市場規模は、2020年に680億1000万米ドルの価値に達した。窒素肥料は無機の亜硝酸化合物で、主に作物の成長速度、質感、色、品質を向上させるために利用される。窒素は原形質の主要な構成要素として働き、光合成のプロセスに関与。肥料には主に、硝酸アンモニウム、硫酸アンモニウム、硝酸カルシウム、尿素などが含まれており、動物の糞尿と混合される。一定量を使用することで、花の分化を促進し、シュートの成長を早め、健全な花芽を作り、果実の品質を向上させる。

市場の動向と成長要因

世界的な人口増加と耕作地の減少は、市場の成長を促す主な要因のひとつ。さらに、政府が有利な政策を実施し、高収量のための先進的な肥料の使用を促進していることも、市場の成長を促す大きな要因となっている。

世界人口の急増に伴い、農作物の需要が大幅に増加。土壌の肥沃度を高め、トウモロコシ、コメ、サトウキビなどの農作物の収穫量を増加させるため、これらの肥料を採用するケースが増えている。さらに、都市化や工業化の進展に伴う耕作地の不足により、生産性を最大化するため、肥料の利用が増加している。

その他の要因としては、穀物ベースのバイオ燃料の需要増加や、より効率的で環境に優しいバイオ燃料を開発するための研究開発活動が活発化していることなどが挙げられる。同レポートは、今後、世界の窒素肥料市場は2021年から2026年の間に年率3.90%で推移し、2026年には856億7000万米ドルに達すると予測している。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る