BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

細葉立性草姿で葉先枯れに強い葉ネギ「京千羽」新発売 タキイ種苗2021年7月21日

一覧へ

タキイ種苗は、そろい性がよく、細葉立性草姿で葉先枯れに強い葉ネギの2021年度新品種「京千羽」の種子を発売した。

そろい性抜群の葉ネギ「京千羽」そろい性抜群の葉ネギ「京千羽」

薬味として生食のほか、焼いたり煮たりと年間を通じて食卓に欠かせない葉ネギ。用途に合わせてさまざまな規格が求められるため、ハウス直播型の小ネギや露地移植型の中ネギなど栽植密度を細かく設定することで対応している。近年では水耕や業務加工用カットの株刈り栽培など作型が多様化し、日本各地で栽培されるようになった。

一方、気候変動の影響で栽培は年々難しくなってきており、特に露地栽培では強風による倒伏や葉折れ、過乾湿による根傷みで葉先枯れや生育遅延が発生するなど、不良環境下においても収量性と商品性を発揮できる品種が求められている。同社はこうした現状を踏まえ、気候変動を受けにくい安定した伸長性、細葉立性草姿による耐倒伏・耐葉折れ、栽培期間全体を通じて葉先枯れの発生が少ないことを目標に選抜し、「京千羽」として販売する。

「京千羽」は、クズなどの発生が少ないことが特長。全長、太さともによくそろい、歩どまりがよく、高い収量性を発揮する。左右対称に規則正しく葉序が展開し、細葉立性草姿であるため、倒伏や葉折れに強い。また、濃緑葉で葉先枯れにも強く、高い秀品性で荷姿も美しく仕上がる。低温期でも安定して伸長するため、12月どりが可能。厳寒期のトンネル栽培でも持続的に生育するため徒長しにくく、安心して栽培できる。

「京千羽」の希望小売価格は、1袋(17ml)352円、2DLパックは3410円、1Lパックは1万6390円。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る