Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

特許査定率が全産業中第1位「特許行政年次報告書」で公表 井関農機2021年7月26日

一覧へ

井関農機は7月19日、特許庁が公表した「特許行政年次報告書2021年版」で、特許の日本における分野別登録数の「その他の特殊機械分野」で2位、特許査定率で「全産業中」で1位となったことを発表した。

野菜移植機:ワンタッチスタンド野菜移植機:ワンタッチスタンド

日本における分野別登録数統計表によると、同社は2020年「その他の特殊機械分野」の登録数で2位。特許査定率は98.7%で全産業中で1位だった。同社は「日本における特許出願の分野別登録数の多さや高い特許査定率は、新しい技術の開発、投入、実用化に積極的に取り組んできた当社の技術開発の証し」としている。

2020年度分野別登録数における発明としては、(1)コンバインの手扱ぎ作業の安全装置、(2)田植機の直進アシストの操舵量調節、(3)野菜移植機のワンタッチスタンド、(4)乾燥機アグリサポートがある。

(1)のコンバインの手扱ぎ作業の安全装置は、フィードチェン付近の緊急停止スイッチを押すと、エンジンが停止し、扱胴カバーを緊急開放でき、手扱ぎ作業の安全性が高まる。また、メカ式の開閉レバーを使う場合には、エンジンを停止させずに開放させることができる。

(2)の田植機の直進アシストの操舵量調節は、直進アシスト中のステアリング操舵量を調節することで、ほ場状況にあわせて直進アシストする機能。(3)の野菜移植機のワンタッチスタンドは、収納状態からスタンドのロッドを押し下げて90度回転させることでスタンドが接地状態に。また、接地状態から90度回転させて手を離すとスタンドが収納状態になる。接地状態と収納状態の切替時に工具が不要で、移植機本体からスタンドが離れないため効率よく切替作業ができる。

さらに、(4)の乾燥機アグリサポートは、複数の乾燥機(最大10台)から専用アプリをダウンロードした管理用携帯端末にBluetoothで各乾燥機のデータを送信。穀物水分値などの乾燥運転情報と乾燥運転終了後の作業実績などがタブレットに表示される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る