JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

農業用アミノ酸市場 2030年に10億米ドル規模到達見込み2021年10月13日

一覧へ

グローバルインフォメーションは10月11日市場調査レポート「農業用アミノ酸市場:世界の業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測 (2020~2030年)」(Transparency Market Research)の販売を開始した。

同レポートによると、農業用アミノ酸市場は、2030年には10億米ドルに達すると予測されている。農業分野での利用拡大に伴うアミノ酸需要の増加が、予測期間中の農業用アミノ酸市場の牽引役となることが見込まれており、アジア太平洋地域は、近い将来、世界の農業用アミノ酸市場の中で非常に有利な地域になると予測されている。

市場の主な推進要因と抑制要因

世界中の生産者は、バイオスティミュラントを混合することで、従来の殺菌剤や殺虫剤の効果を少ない使用量で維持することを指向している。アミノ酸のようなバイオスティミュラントは、作物の生産コストを大幅に削減し、単位生産量あたりのコストを下げて生産量を増やし、配送にかかる諸経費を大幅に削減。化学薬品の使用量が増加していることに対する生産者の懸念が、世界的に農業用アミノ酸の採用を促進していると考えられる。

過去50年間、人口の増加と土壌の侵食により、耕作地が大幅に減少。頻繁に畑を耕したり、化学肥料の使用量を増やしたりすることで、土壌の劣化が進んでいる。欧州委員会によると、2018年から2030年にかけて、欧州で農業に使用される土地の量は減少する可能性がある。面積は2018年の1億7800万ヘクタールから2030年には1億7600万ヘクタールに減少すると予測されている。

世界全体で人口が急激に増加しているため、食料の需要が増加することが予想され、予測期間中、アミノ酸などの高収量作物ソリューションの需要が促進され、農業用アミノ酸市場の見通しが明るくなると考えられる。

Precision farming(精密農業)は、土地が限られていることや農法の改善により、人気が高まっている。この農法では、アミノ酸などのバイオスティミュラントを使用して、収穫量や生産性を向上させる。米国、ドイツ、英国、フランスなどの先進国では、精密農業への需要が高まっており、農業用アミノ酸市場を大きく押し上げると予想される。

一方、発展途上国の農家のほとんどは、アミノ酸の利点について認識していない。発展途上国では、農業と農業関連産業において、技術的に進歩した製品の導入率が低迷。さらに、農家はバイオベースの製品と比較して、入手のしやすさや価格の安さから、化学ベースの農業製品に慣れ親しんでいる。そのため、エンドユーザーがアミノ酸のような先進的な製品の採用に消極的であることが、予測期間中の世界の農業用アミノ酸市場を抑制すると予想される。

同市場の主な製品は、農業用アミノ酸の世界市場は、リジン、メチオニン、グルタミン酸、ロイシン、バリン、アルギニン、グリシン、アラニン、プロリン、その他に分類。2019年の世界の農業用アミノ酸市場では、グルタミン酸が高額製品セグメントで、この傾向は予測期間中も継続すると予想される。また、リジンセグメントは、過去数年来、大きなペースで拡大。世界の農業用アミノ酸市場のリジンセグメントは、予測期間中に大幅に拡大すると予測される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る