2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
FMCプレバソンPC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

植物活性剤で茶の収穫量3割増を実証 鹿児島のJAあおぞらと太陽油化2022年8月9日

一覧へ

太陽油化が開発した有機JAS資材の植物活性剤「東京8(トウキョウエイト)」を茶の栽培に利用した比較試験栽培を行っていた鹿児島県のJAあおぞらは、このほど一番茶で101~108%、二番茶で122~136%の収穫量増加を確認したと発表した。

植物活性剤「東京8(トウキョウエイト)」植物活性剤「東京8(トウキョウエイト)」

「東京8」は東京23区内の汚水汚泥処理など廃棄物のリサイクルを本業とする太陽油化が、汚泥処理を効率よく進める集団微生物として発見したものを応用して商品開発した。この集団微生物は不溶性の栄養成分を水溶性にして植物が吸収できるようにするなど、植物が生育しやすい土壌改良にも効果を発揮する。

約10年前から農業分野で実験を重ね2017年に肥料登録を行い、22年4月には有機JAS認定資材として適合性評価を受け認定資材としても登録を完了した。

JAあおぞらは、茶の有機栽培で輸出を推進しており、「東京8」に注目して慣行栽培との比較試験栽培を開始した。

試験は土壌のみ、葉面のみと、土壌と葉面の3つの散布法で収穫量を比較した。

その結果、収穫2カ月前に1回だけ散布した一番茶では101%から108%と微増だったが、一番茶収穫後に再度散布した二番茶では、122%から136%へと顕著に増えた。とくに土壌と葉面の両方への散布が効果的であることが示された。

JAあおぞらの茶業課の取違弘一調査役によると「芽数が増えた」ことが収量アップにつながったという。同JAは2009年からIPМ(総合的病害虫管理)にいち早く取り組み、その後も天敵利用など環境に配慮した農業を推進し、有機栽培への転換も進めてきた。

「東京8」は汚泥処理技術から生まれた植物活性剤であり「SDGsも睨んだ取り組み」位置づける。

肥料価格高騰で20㎏1400円だった複合化成肥料(オール14)が2倍以上3000円以上となり経営に打撃となる。この東京8を活用することで収穫量が伸びれば所得増につながると期待する。栽培を通じて今後は「肥料を減らしても東京8を使えば、十分な収量が得られることを示せれば」と言う。

「東京8」は10lで1万2500円(税別、送料込み)。10aに満遍なく5回散布する。10lで2作分の量だという。太陽油化の石田陽平専務は普及のためにサンプル提供をしていく考えだという。

JAでは千葉県のJA西印旛でイチゴ、石川県のJAはくいで落花生の実証試験が予定されている。

また、インドネシアを皮切りにアフリカ10か国以上で栽培実験が開始されている。インドネシアでは通常農法の1.4倍以上の収穫を実現したという。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る