秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:デラン
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

栗カボチャ「ブラックのジョー」の「ランチパック」新発売 サカタのタネ2022年10月3日

一覧へ

サカタのタネが開発した栗カボチャ「ブラックのジョー」(北海道産)を使った『ランチパック(カボチャグラタン風)栗カボチャ「ブラックのジョー」』が山崎製パンから10月1日に発売された。

栗カボチャ「ブラックのジョー」の「ランチパック」に新発売 サカタのタネ.jpg

山崎製パンの横浜第二工場が発案した同商品は、JA北ひびき産「ブラックのジョー」のカボチャペーストを使った秋の味覚であるカボチャを手軽に楽しめる「ランチパック」。カボチャグラタンをイメージして、栗カボチャ「ブラックのジョー」のペーストと鶏肉、マッシュルーム入りのシチューとチーズ入りドレッシングをサンドした。そのまま食べても、トーストしてもおいしい。

「ブラックのジョー」は2019年にサカタのタネが種子を発売したカボチャ品種で、栗のようなホックホクの食感と、濃厚な甘みが特長。病気にも強く、栽培しやすい品種でプロの生産者から一般の園芸愛好家まで幅広く支持されている。

同社は、「ブラックのジョー」をはじめとしたカボチャをもっと気軽に食べてもらおうとさまざまな活動を続ける中で、同じ横浜市内に拠点を置く山崎製パン横浜第二工場とのコラボレーションが実現した。

『ランチパック(カボチャグラタン風)栗カボチャ「ブラックのジョー」』は、10月1日から「デイリーヤマザキ」「ヤマザキショップ」をはじめ、関東近郊のスーパーマーケットなどで販売。価格はオープン。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る