第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

黒腐病耐病性、玉ぞろいのよいキャベツ「ふうりん」種子を発売 サカタのタネ2022年11月30日

一覧へ

サカタのタネは、黒腐病耐病性があり、玉ぞろいのよいキャベツの新品種「ふうりん」の種子を2023年1月下旬から営利生産者向けに発売する。

キャベツの新品種「ふうりん」キャベツの新品種「ふうりん」

「ふうりん」の最大の特長は、黒腐病耐病性であること。黒腐病は温暖地や暖地の10月から11月に収穫時期を迎える作型で最も発生しやすい病害で、特にキャベツの生育後半に発生しやすく、玉を形成する時期の生育に影響を与える。ほ場全体で激しく発生すると出荷が遅れるだけでなく、出荷自体ができなくなる場合もあり、特に温度が高い時期のキャベツ生産では同病害への対応が重要な課題となっている。

「ふうりん」は同社のキャベツの中でもトップクラスの黒腐病耐病性品種で、バーティシリウム萎凋病への耐病性、萎黄病への抵抗性もある。玉はバランスのよい偏円形に近い横長気味の形状で、鮮やかな濃緑色。食感はみずみずしく程よい肉質で、サラダはもちろんどんな料理でも美味しく食べられる。玉ぞろいと耐倒伏性に優れることから収穫しやすく、高品質な青果の安定生産を期待できる。

試作産地からは同品種の高い黒腐病耐病性、耐倒伏性のほか、そろいがよく鮮やかな濃緑の青果で見た目にも優れることが高く評価されている。なお、同品種は「第68回全日本野菜品種審査会」(群馬県)で一等特別賞、農林水産大臣賞を受賞した。

キャベツ「ふうりん」の種子の希望小売価格は1袋2000粒入り5390円。ペレット種子1缶(5000粒入り)1万5620円。全国のJA、種苗店を通じて2023年1月下旬から発売。価格はいずれも税込。

キャベツ「ふうりん」の作型図キャベツ「ふうりん」の作型図

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る