秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

非食用米を用いた生分解性樹脂「ネオリザ」から肥料被覆材を開発 三洋化成工業2022年12月2日

一覧へ

三洋化成工業(京都市東山区)は、食用に適さない米(非食用米)などを活用したバイオマスプラスチック「ライスレジン」を開発販売するバイオマスレジンホールディングス(東京都千代田区)の生分解性樹脂「ネオリザ」を用い、界面制御技術により肥料成分の溶解速度を制御する機能を付与した生分解性の肥料被覆材を開発した。この被覆材は、主成分が天然由来の成分で構成され、肥料成分溶出後の非生分解性プラスチック(被膜殻)の残存による土壌汚染や、河川や海洋への流出による汚染への対処が求められる緩効性肥料の課題解決につながるソリューションとして応用展開が期待される。

徐放性を付与した生分解性「ネオリザ」で被覆した肥料のプロトタイプ徐放性を付与した生分解性「ネオリザ」で被覆した肥料のプロトタイプ

緩効性肥料は、肥料成分の表面を被覆加工することで作物の生育に合わせて必要な量の肥料成分が溶出するように制御した肥料。追肥の負担を軽減し、過剰な施肥や肥料成分の流出を抑制するなど、農業生産性の高度化と環境負荷の低減のために重要な役割を担っている。

一方、現在の被覆材はそのほとんどがポリエチレンなどの石化由来のプラスチックであるため、肥料成分が溶出した後の被膜殻は土壌中に残留し、その一部は河川や海へ流出することで海洋プラスチック汚染につながることが懸念されていた。

同社は、緩効性肥料の海洋プラスチック汚染等の課題に対処するため、生分解性を有するバイオマスレジンHDの「ネオリザ」を活用した被覆材の開発に取り組んだ。

今回肥料被覆材の開発に用いた「ネオリザ」は米含有の生分解性プラスチックであるため、環境負荷が低く、海洋プラスチック汚染問題などに対処するための有望な材料だが、緩効性肥料の被覆材として展開するためには、徐放性を付与して肥料成分の溶出挙動を制御する
必要があった。

開発した被覆材による肥料成分の溶出挙動開発した被覆材による肥料成分の溶出挙動

今回、同社が得意とする界面制御技術を駆使して肥料成分の溶出挙動を制御することにより、「ネオリザ」の高い生分解性を維持したまま緩効性肥料として必要な徐放性を付与した被覆材の開発に成功。開発した被覆材は、生分解性を有しているだけでなく、環境中に流出した後の影響を考慮して、天然由来成分で構成される。今後、同被覆材をベースに実証検証を重ね、2027年の実用化をめざす。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る