左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

大阪府池田市の地域活性化をスマート農業で支援 クボタ2023年9月11日

一覧へ

株式会社クボタは、大阪府池田市の先進農福連携農園(※1)へのスマート化技術の導入を通じ、同市が推進する農福連携の取り組み及び地域の活性化を支援していく。

大阪府池田市の地域活性化をスマート農業で支援 クボタ1.背景と狙い

同社は農家の経験や人手に大きく依存しているハウス栽培をスマート化するべく、2021年から実証ほ場「クボタインキュベーションファーム」(※2)にて、AIやロボティクスなど先端技術を有するパートナー企業とともに、アスパラガスやミニトマト栽培のスマート化実証を推進している。
池田市は、植木の四大産地の一つとして知られる同市内の細河地域が抱える「植木需要の減少や農家の高齢化などによる離農に伴う耕作放棄地の増加」への対策として、ハウスでのミニトマト栽培において、AIやIoTを活用したスマート農業に農福連携を組み合わせた新たなビジネススキームの構築に取り組むとともに、その他の地域への展開による地域活性化をめざしている。
同社は「クボタインキュベーションファーム」で実証してきた、栽培の最適化や作業の自動化・スキルレス化ソリューション等を、池田市に開設される先進農福連携農園に導入することにより、本取り組みを支援していく。

2.支援の内容

ミニトマト栽培作業の自動化・効率化・スキルレス化に向けたロボティクスやIoT・AI技術等を用いた営農ソリューションの導入支援

※1.スマート農業と農福連携を組み合わせた農業を実現する農園
※2.ハウス栽培のスマート化実証実験を開始

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る