左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

LEOCに「宙炭」使用野菜の正式納入を開始 野菜生産で温室効果ガス排出削減へ TOWING2023年10月12日

一覧へ

名古屋大学発のスタートアップ企業・TOWINGは、自社が生産する高機能バイオ炭「宙炭」(そらたん)で育てたサステナブルな野菜を、ONODERA GROUPの株式会社LEOCに7月上旬から正式に納入を開始した。

LEOCに「宙炭」使用野菜の正式納入を開始 野菜生産で温室効果ガス排出削減へ TOWING

TOWINGの主力製品で高い微生物培養技術をベースに開発した高機能バイオ炭「宙炭」は、野菜栽培の際に排出される温室効果ガスを約1t/10a削減。また、土壌微生物群の最適化により、有機肥料の分解率も飛躍的に向上し、有機肥料の利用を促進。収量の向上にも貢献する。

LEOCは今後、TOWINGが「宙炭」を利用して生産したサステナブルな野菜を、運営する給食事業所へ納入。ピーマンなら1個あたり乗用車100m走行分の温室効果ガスを削減し、給食という「日常の食」から地球環境に貢献できる仕組みを構築する。さらに同社の提携農家に「宙炭」を紹介し、安心・安全でサステナブルな野菜生産のパートナーシップを拡大していく。

「宙炭」は、温室効果ガス排出削減と減化学肥料・有機転換を同時に実現する土壌改良材である、高機能バイオ炭。地域の未利用バイオマス(もみ殻や畜糞、樹皮など)を炭化したバイオ炭に、独自にスクリーニングした土壌微生物叢を添加し、地域で利用される有機肥料で微生物を培養している。すでに日本国内では30都道府県で試験導入を開始しており、今回の調達活動を経て、2023年度中には47都道府県全てと、海外展開に向けて活動を拡大する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る