人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

電源、ネット環境がなくても ほ場を写すことに特化したカメラ「フィールドショット」を開発 farmo2023年10月23日

一覧へ

株式会社 farmoは、離れた農地や河川などのネット環境が無い自然環境下でも、リモート撮影ができるカメラ「フィールドショット」を開発した。同社の通信インフラに対応しており、さらに、ソーラーパネルが一体型でコンパクトサイズなのに省電力で動くのが特徴。ネット環境が無い場所においても利用できるようになり、畑に支柱を挿し、固定するだけで簡単に設置して使えるようになった。

現場に設置しているイメージ現場に設置しているイメージ

◎開発背景
営農指導担当者が離れた畑の生育状況を確認しながら営農指導を行うのにあたり、現場
に行かないと生育状況が分からず労働力の面で課題となっている。そこで同社は、現場でのニーズ応え、電源やネット環境が無いような場所にも設置出来、必要な機能だけに絞りほ場を写すことに特化したリモートで撮影ができるカメラ「フィールドショット」を開発するに至った。

データが見られる仕組みについてデータが見られる仕組みについて

◎ほ場の撮影に特化
フィールドショットは、高機能・高性能なカメラではなく、ユーザーファーストで必要な機能だけを搭載している所が特徴。使い方は手持ちのスマートフォンから遠隔でカメラのシャッターが押せ、ユーザーが任意のタイミングで写真撮影ができる。また、同社独自の通信インフラ(ファーモアンテナ)に対応しているので、Wi-Fiなどのネット環境のないところでも使用が可能。

他社で提供しているカメラでは専用のブラケットを壁などに固定するために設置工事や電源のとれる環境に設置しなければならないが、フィールドショットでは、監視したい場所に支柱を挿して固定するだけで設置できる。また、製品はソーラーパネルが一体型なのに両手に載るサイズとなっている。省電力設計で、バッテリーも内蔵。市場に流通している製品では、クラウド使用料などの月額費用が発生することが多いが、フィールドショットは月額費用がかからず使うことができる。クラウドへ写真データが保存できる容量は最大100MBで、その後は 100MB毎に課金が必要。販売予定価格は 79,200円(税込)で、2023年11月中旬に発売を開始する予定。

全国に設置されているファーモアンテナの状況全国に設置されているファーモアンテナの状況

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る