左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農作業アウトソーシングサービス実証開始 営農規模拡大を目指す農業生産者を支援 クボタ2023年10月30日

一覧へ

株式会社クボタは、農作業の委託を希望する農業生産者と受託希望者を引き合わせる「農作業アウトソーシングサービス」の事業化にむけた実証を2023年10月より埼玉県深谷市にて開始した。本実証を通じて農作業受委託に対するニーズや運用上の課題等を抽出・検証し、今後の事業化を検討する。

1.背景と狙い
就農人口が減少する中、日本農業の維持・発展のためには、新規就農の促進や農業生産者の営農規模の拡大が求められている。同社は、新規就農におけるハードルの一つである初期投資を削減するための新たな農業機械の調達手段として、同社が管理する農業機械を1時間単位で利用できる「農機シェアリングサービス」を提供し、新規就農の後押しをしている。

このたび、農機シェアリングサービスの次なるステップとして、営農規模を拡大する際に必要な労働力を補うため、農作業の委託・受託をサポートする「農作業アウトソーシングサービス」を提供することをめざし、実証を開始した。

今回の実証は、農作業の委託を希望する農業生産者が専用システムに作業内容や農地情報を登録すれば、予め登録された受託希望者と引き合わせるサービス。なお、必要な農業機械等を保有していない受託者に対しては「農機シェアリングサービス」により農機確保をサポートする。

今回の実証は、「農機シェアリングサービス」の提供地域であり、「深谷ねぎ」などのブランド野菜をはじめ、多様な農作物の生産地として知られる埼玉県深谷市にて行う。実証を通じ、農作業の委託・受託に対するニーズや運営上の課題の抽出・検証を進め、「農作業アウトソーシングサービス」の事業化、提供地域拡大に取り組む。

2.実証の概要
地域:埼玉県深谷市周辺
開始日:2023年10月26日
対象作業:耕うん、定植、防除、すき込み等
対象作物:ネギ、ブロッコリー、トウモロコシ等
内容:農作業の委託希望者と受託希望者の引き合わせ(農作業の委託は受委託者間の直接の契約となる。)
申し込み方法:クボタ農作業アウトソーシングサービスHPより申込可能。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る