左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

農業×船員 クボタと日本郵船グループMarCoPay フィリピン人船員の農機購入サポート開始2023年10月30日

一覧へ

クボタのフィリピン国内の販売子会社Kubota Philippines, Inc.(KPI社)と、日本郵船グループで船員向け金融プラットフォーム事業を展開するMarCoPay Inc.(マルコペイ社)は10月に業務提携し、10月27日にフィリピン人船員の農業機械(農機)購入サポートを開始。船員向けモバイルアプリ「MarCoPay」上でクボタの農機ラインアップやディーラーの紹介、様々な購入特典の付与、ビジネスモデル提案セミナーなどのサービスを提供する。

提携のイメージ提携のイメージ

フィリピンは約20万人の外航貨物船の船員を輩出する世界有数の船員供給国。通常、これら外航貨物船の船員は、数か月から半年以上にわたって乗船したのちに下船し、一定期間休暇を取って、また乗船するサイクルを繰り返す。フィリピン人船員は、下船期間に船員としての給与収入がなくなるため、生活を安定させるために副業を持つケースがある。また、フィリピンでは稲作を中心に農業が盛んだが、依然として機械化が停滞している地域が多く残っている。

今回の取り組みでは、下船期間中に給与収入がなくなるフィリピン人船員に対し安定収入が得られる副業として農業を提案し、生活水準の向上を支援。また、稲作国であるフィリピンにおいて、農機の普及を通じた農業の発展を目指す。

この提携を通じ、KPI社は海外就労者所得の農村地域への流入を促し農業機械化を推進。マルコペイ社はより多くの船員が農業ビジネスに取り組める環境を整えるため、農機購入時のローン提供や、その他農業関連サービスとの提携を模索する。また、フィリピン人船員とその家族へのアンケートや個別インタビューなどを通じて、船員の真のニーズを把握し、サービス内容の拡充や改善に取り組む。

MarCoPayアプリ画面のイメージMarCoPayアプリ画面のイメージ

◎サポートサービスの内容

1. 購入までの情報提供
船員が乗船中でも使用状況を遠隔確認できるGPS搭載のトラクタやコンバインをはじめとする製品ラインアップや取り扱いディーラーを「MarCoPay」アプリ上で紹介。※農機の購入は最寄りのディーラーとの契約になります。

2. 購入特典
「MarCoPay」アプリで購入を検討し、クボタの農機を購入した船員に、GPS通信料の特別割引などの特典を提供。

3. ビジネスモデル提案
GPS搭載農機を購入し、船員自身や家族が使用するだけでなく、近隣農家に有償で貸し出して収入を得るなどのビジネスモデルをセミナーなどを通じて提案。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る