人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農業DX「レポサク」イチBizアワード2023で「最優秀賞」受賞 エゾウィン2023年11月13日

一覧へ

農業DXを実現するプロダクト「レポサク」を開発・提供するエゾウィン(北海道標津町)は11月8日、令和5年度内閣官房地理空間情報活用推進室主催の「イチBizアワード2023」において、「最優秀賞」と「協賛企業特別賞」を受賞した。

イチBizアワード2023の表彰式で。前列左から6人目がエゾウィン代表取締役の大野宏氏イチBizアワード2023の表彰式で。前列左から6人目がエゾウィン代表取締役の大野宏氏

「イチBizアワード」は、地理空間情報を活用したビジネスコンセプトを競うもので、革新的なアイディアの社会実装を目指している。100を超える応募の中から選出された5人が最終審査に臨み、その中で特に卓越したアイディアが表彰され、エゾウィンは最高栄誉の「最優秀賞」と「協賛企業特別賞」を受賞した。

同社は、現在提供している「レポサク」から、人口減少が起きる将来に向けて「国内最大の自動化農場の実現」についての構想を発表。導入がとても簡単で、地理空間情報を手軽に幅広い人が利活用でき、誰にでも農業DXを実現可能にした革新性が評価された。

「レポサク」は、農作業の「今」と「過去」をハッキリ映し出し、未来へつなぐ農業DXを実現するプロダクトで、スマートフォン・パソコンから車両の現在位置と進捗状況を見ることができる。車両の走行軌跡がリアルタイムに地図上に描かれるため、無線では難しかった細かな進捗状況を手にとるように把握。また、端末を車両の電源に挿すだけで導入が完了するため、関係者全員が利用できる。作業計画の立案や変更、無線連絡や見回り軽減、給油や故障の対応などに貢献する。

レポサクはGPS端末を乗せるだけで誰でも農業DXを実現レポサクはGPS端末を乗せるだけで誰でも農業DXを実現

「レポサク」は、過去にスマート農業実証プロジェクトで採用され、作業効率10%向上、事務効率向上、ストレス軽減などの成果を上げた。簡単に使えるプロダクトで、現場で積極的に活用でいるため、研究用のデータも蓄積される。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る