左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCプレバソンSP

「惣菜用ふた閉めロボット」安川電機と共同開発 キユーピーグループ2023年12月8日

一覧へ

キユーピーは、安川電機と2022年12月から取り組んでいる多品種の容器に対応した惣菜盛付工程の自働化における共同開発の第一弾として、キユーピーグループのデリア食品の生産ラインに「惣菜用ふた閉めロボット」を導入し、11月末から実運用を始めた。

「惣菜用ふた閉めロボット」実運用の様子「惣菜用ふた閉めロボット」実運用の様子

キユーピーグループは、社会課題である人手不足に対し、生産現場を中心にさまざまな自働化に取り組んでいる。特に惣菜の生産現場は人手を要する工程が多く、中でも多品種に対応したふた閉め工程は自働化の難易度が高いことから、安川電機とキユーピーグループが共創で取り組みを進めている。

従来から、数種類のふたに対応したふた閉め装置は販売されているが、惣菜は商品の入れ替えが多く、短期間で容器変更が必要になることから、従来の装置では新容器に対応するための装置の設定に時間がかかっていた。

ロボットアームが上がり、ふた閉め完了ロボットアームが上がり、ふた閉め完了

安川電機との共同開発では、①多品種容器対応、②人の作業スピードと同等性能、③作業者にやさしい操作性の3つを開発コンセプトに掲げ、安川電機はロボット自働化に関わる知見を、キユーピーグループは生産・品質の知見を持ち寄ることで、コンセプトに沿った技術開発が実現した。

①「多品種容器対応」については、60品種以上のふた容器に対応。自働的に容器に合ったふたサイズへの切り替えが可能となった。②「人の作業スピードと同等性能」については、作業熟練者と同等の毎時1300パックの作業スピードと動作の正確性および確実性を再現。また、③「作業者にやさしい操作性」については、多言語に対応して誰でも使えるロボットとした。

生産現場では、今回実運用を開始したふた閉め工程だけでなく、原料の秤量、惣菜の盛り付け、商品の積み付け、生産計画の策定など、多くの工程で自働化できる可能性が残されている。キユーピーグループは食品製造における業務自働化技術の開発にさまざまな企業と取り組み、食品工場全体における生産性の向上と人手不足への対応を推進していく。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る