人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
日本曹達 231012 SP

サカタのタネ開発 紫ブロッコリー『Purple Magic』がAAS入賞2023年12月20日

一覧へ

サカタのタネが開発した紫ブロッコリー『Purple Magic』(パープルマジック)が、花や野菜・果物の新品種の品評会「オール・アメリカ・セレクションズ」(AAS)で、「National Winner」を獲得した。同賞は、さまざまな気候区分を持つ北米全域で高く評価された品種に贈られる。

サカタのタネが開発した紫ブロッコリー『Purple Magic』サカタのタネが開発した紫ブロッコリー『Purple Magic』

『Purple Magic』は、頂花蕾収穫タイプのブロッコリーでは世界初の花蕾、茎ともに濃い紫色の品種。気温が下がってくる秋冬に定植後70~85日で収穫できる。

通常の緑色のブロッコリーと比べてポリフェノールの一種であるアントシアニンを多く含み、甘みが強い。AASでは色、形、栽培しやすさ、食味、いずれも優れる品種であると高く評価された。

同社はブロッコリー種子の世界シェア70%を持つリーディングカンパニーとして、これまで数多くの品種を開発。世界中でブロッコリーが消費されるきっかけを作った。『Purple Magic』は、ブロッコリーの新しいセグメントを開拓する画期的な品種で、AASの「National Winner」受賞により、紫ブロッコリーが世界中から注目され、栽培が広がることが期待される。

『Purple Magic』の種子はスペインで先行販売しているほか、欧州、北中米での販売を中心に検討。日本での販売は未定。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る