人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

残留農薬簡易分析サービスをリニューアル  68成分から100成分へ拡張 サタケ2024年2月20日

一覧へ

株式会社サタケは3月1日、残留農薬簡易分析サービスをリニューアルする。料金は据え置き、対象成分を68成分から100成分へ拡張する。

残留農薬簡易分析サービスをリニューアル  68成分から100成分へ拡張 サタケ

サタケの穀物分析センターは「食の安全・安心・美味・健康に貢献すること」をコンセプトに、米の品種、食味、残留農薬や栄養成分などの分析サービスを提供している。

残留農薬分析については237成分が対象の一斉分析サービスに加え、2016年からは短納期かつ低価格で68成分が対象の簡易分析サービスを開始し、広く利用されている。近年、新たな成分が使用されるなど農薬市場が変化しており、対象成分を68成分から100成分へと増やし、より多くの登録農薬に対応する。

分析に要する日数は検体受領日の翌日から5営業日以内、分析料金は従来と同じ1検体当たり22,000円(消費税込)。対象原料は米(玄米・精米・無洗米など)。分析依頼方法はサタケウェブサイトに掲載されている。

<問合わせ先>
株式会社サタケ 穀物分析センター
〒739-8602 広島県東広島市西条西本町2-30
TEL:082-420-8714
FAX:082-420-8577

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る