人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

国際海事展「Sea Japan 2024」に出展 簡単・迅速・高精度なバラスト水検査機器 サタケ2024年4月2日

一覧へ

株式会社サタケは、商船三井テクノトレード株式会社と共同で、4月10日から3日間、東京ビックサイトで開催される「Sea Japan 2024(主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン)」に出展する。

BALLAST EYEBALLAST EYE

「Sea Japan 2024」は、国内最大の国際海事展。業界関係者が多数来場する同展示会には、国内外の海事関連企業が最新の技術・サービスを展示する。サタケはバラスト水生物検査装置「BALLAST EYE」とバラスト水サンプリング装置「BALLAST CATCH」を出展する。両機はバラスト水の採水や濃縮、その分析に多くの人手や時間がかかっていたバラスト水検査を省力化しつつ、高精度な検査を短時間で簡単に行うことができる装置。
船舶から放出されるバラスト水の海洋環境への影響に対応するため2017年にバラスト水管理条約が発効。2022年6月にはバラスト水処理装置の試運転試験の際にバラスト水分析を行うことが義務化された。さらに今後、船舶の定期検査及び中間検査時にも義務化される動きがあり、検査装置の需要がより高まると見込まれる。
サタケは「BALLAST EYE」の実演と「BALLAST CATCH」の展示に加え、「バラスト水生物検査の現状と動向」と題して出展社プレゼンテ―ションを行う。また、船舶業界への販路拡大を目指し、サタケが独自に開発した電動機「SIMモータ」シリーズのパネル展示も行う。一般的な汎用モータと比較して始動時に小さい電流で大きな力を生み出す特長を持った「SIM-Gモータ」など三相かご形誘導電動機をシリーズで展開している。
出展ブース番号は東2ホール 2J-33、開催時間は10時より17時まで。

1.展示会概要
名称:Sea Japan 2024
会期:2024年4月10日(水)~12日(金)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール
主催:インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社
出展対象:造船、舶用機器、その他

2.主な出展機・製品の概要と見どころ
○展示・実演機種
バラスト水生物検査装置「BALLAST EYE」(実演展示)
○製品概要
バラスト水管理条約のバラスト水排出基準(D-2 基準)で規定されている、最小径が50マイクロメートル以上(Lサイズ)と、最小径が10マイクロメートル以上50マイクロメートル未満(Sサイズ)の生物個体数を簡単・迅速・高精度に推定。約15分で結果が得られる。

○展示・実演機種
バラスト水サンプリング装置「BALLAST CATCH」※1(展示のみ)
○製品概要
最小径が50マイクロメートル以上(Lサイズ)の生物個体数を検査するため、サンプル水を必要な量に濃縮できる、簡単・小型・軽量かつ電源不要な装置。

○展示・実演機種
三相かご形誘導電動機「SIM-Gモータ」(パネル展示のみ)
○製品概要
2台の汎用モータを結合し1台にした構造を利用し、半分の出力特性により始動することを実現。始動電流をスターデルタ始動の約1/2、直入れ始動の約1/6に抑えることが可能。

※1...MOLマリン&エンジニアリング株式会社と共同開発。
※2...出展内容は都合により変更の可能性あり。

3.サタケのプレゼンテーション概要
テーマ:「バラスト水生物検査の現状と動向」
日時・会場:
2024年4月10日(水) 15:30~16:00 セミナー会場B
2024年4月11日(木) 14:30~14:50 セミナー会場D

【問合わせ先】
株式会社サタケ プラント事業本部 企画管理室
〒739-8602 広島県東広島市西条西本町2-30
TEL:082-420-8549 / FAX:082-420-0003

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る