人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

水素エンジン発電機が初稼働 7時間の電力供給に成功 やまびこ× i Labo2024年4月3日

一覧へ

やまびこは3月30日、i Laboと共同開発した水素エンジン発電機の実証機を、東京・有明で開かれた「フォーミュラE 2024 Tokyo E-Prix」で初稼働。10台のフードトラックへ7時間にわたり電力を安定供給した。

「フォーミュラE 2024 Tokyo E-Prix」で初稼働した水素エンジン発電機「フォーミュラE 2024 Tokyo E-Prix」で初稼働した水素エンジン発電機

公開された実証機は、やまびこの「100kVA Shindaiwa」発電機をベースに、i Laboが水素燃料で運転可能なエンジンに置換する「水素化コンバージョン」を実施。水素燃料を燃焼させて発電を行うため、運転時の CO2排出を限りなくゼロにする。

イベント会場では、10台のフードトラックへ調理などに不可欠な電力を継続して供給することが要求されていたが、当初の予定通り役割を果たし、イベント開始の午前11時からイベント終了の午後6時まで、7時間にわたり安定した連続稼働と電源供給を実現。来場者からも、「従来のディーゼル発電機の匂いの無さ」、「排気の綺麗さ」 や 「スムーズな動作音」などが変好評で、様々な場面での活用への期待が寄せられた。

今回の実証機による安定稼働は大きなステップとなり、今後も水素エンジン発電機に関心のある企業・団体などを通じて多様な場面での活用を進め、水素インフラ整備の加速の一助になることをめざす。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る