人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

「三菱乗用田植機LRA10D」新発売 機体軽量化と先進機能搭載 三菱マヒンドラ農機2024年6月25日

一覧へ

三菱マヒンドラ農機は7月、大規模経営の担い手生産者を支えるために進化した10条田植機「三菱乗用田植機LRA10D」を発売する。

三菱乗用田植機LRA10D三菱乗用田植機LRA10D

「LRA10D」(24.5馬力)は、最新設計により走破性と安定性を高めており、先進操舵アシスト機能で操作負担を軽減。効率よくかんたん快適に作業が進む。

◎製品特徴
(1)デザイン性:ボンネットデザインを刷新
LEDヘッドランプとシルバーメタリックグリルを採用した新たなボンネットデザイン。先進性を感じさせるフォルムへと生まれ変わる。

(2)走行性能:エンジン前方配置による軽量化と優れた湿田性能を発揮するタイヤの採用
エンジンを機体中央から前方配置に変えることで、機体重量を従来から20kg軽量化。加えて、前輪に広幅タイヤ、後輪に12枚ラグ車輪を採用したことで、泥を持ち上げにくくなり、湿田でも高い走破性を発揮する。オプションの内・外補助車輪を装着すればさらなる湿田対応も可能。

(3)アシスト機能:直進・旋回アシスト機能で、植付け作業はさらに効率的に
植付け時の直進自動操舵に加えて、隣接条へのバックターン旋回にも対応した自動操舵機能を搭載。バックターン、Uターンのどちらにも対応し、だれでも簡単に操作が可能。直進・旋回時にハンドル操作の必要がないため、らくに効率的に植付け作業が行える。

(4)居住性・快適性:広々ワイドフラットステップで、自在な使い勝手を実現
作業者の動線を意識した広々としたステップで、機体前方からの苗補給、肥料補給がよりスムーズに。また、最適な作業姿勢を選べるシートスライドやハンドルチルト、運転席周りにはドリンクホルダや小物入れなどのアクセサリも充実しており、快適に作業を行える。

◎メーカー希望小売価格(税込)
593万7800円~680万7900円

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る