左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

赤紫のミズナ「紅法師」 タキイ種苗2014年8月6日

一覧へ

 タキイ種苗はサラダや料理のアクセントにぴったりの赤紫色のミズナ「紅法師(べにほうし)」を新発売した。

赤紫のミズナ「紅法師」 「紅法師」の特長はキレイな赤紫色の軸。春秋の露地栽培やハウス栽培では、緑色の葉とのコントラストが非常に鮮やかに育つ。加熱調理した際の赤紫色の色抜けが遅いのも特長で、収穫サイズに関係なく、シャキシャキとした食感とくせのない食味がある。
 鮮やかな赤紫色になるのは、ポリフェノールの一種で動脈硬化予防や目の健康などにいいとされるアントシアニンを多分に含んでいるため。「紅法師」は従来のミズナ品種に比べて約10倍のアントシアニンを含んでおり、同社が展開する機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズの一つとして販売される。
 用途や出荷形態にあわせて幅広いサイズで収穫することができ、「生産者や健康志向の高い消費者に向けて販売促進していきたい」(タキイ種苗広報出版部)と普及拡大をめざす。
 参考小売価格は1袋(1360粒入り)346円、20ml702円(ともに税込)。
 詳しくはタキイ種苗ホームページで。


(関連記事)

トマト新品種に高い関心 タキイ種苗(2014.07.14)

トマト黄化葉巻病に強い「桃太郎ピース」新発売(2014.06.23)

手軽に野菜摂取 ベジ・スムージー認知度アップ(2014.05.28)

五月病予防にトマトを タキイ種苗(2014.04.28)

子どもの朝食 キーワードは「短時間」(2014.04.10)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る