野菜・果物 ニュース詳細

2014.08.06 
赤紫のミズナ「紅法師」 タキイ種苗一覧へ

 タキイ種苗はサラダや料理のアクセントにぴったりの赤紫色のミズナ「紅法師(べにほうし)」を新発売した。

赤紫のミズナ「紅法師」 「紅法師」の特長はキレイな赤紫色の軸。春秋の露地栽培やハウス栽培では、緑色の葉とのコントラストが非常に鮮やかに育つ。加熱調理した際の赤紫色の色抜けが遅いのも特長で、収穫サイズに関係なく、シャキシャキとした食感とくせのない食味がある。
 鮮やかな赤紫色になるのは、ポリフェノールの一種で動脈硬化予防や目の健康などにいいとされるアントシアニンを多分に含んでいるため。「紅法師」は従来のミズナ品種に比べて約10倍のアントシアニンを含んでおり、同社が展開する機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズの一つとして販売される。
 用途や出荷形態にあわせて幅広いサイズで収穫することができ、「生産者や健康志向の高い消費者に向けて販売促進していきたい」(タキイ種苗広報出版部)と普及拡大をめざす。
 参考小売価格は1袋(1360粒入り)346円、20ml702円(ともに税込)。
 詳しくはタキイ種苗ホームページで。


(関連記事)

トマト新品種に高い関心 タキイ種苗(2014.07.14)

トマト黄化葉巻病に強い「桃太郎ピース」新発売(2014.06.23)

手軽に野菜摂取 ベジ・スムージー認知度アップ(2014.05.28)

五月病予防にトマトを タキイ種苗(2014.04.28)

子どもの朝食 キーワードは「短時間」(2014.04.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ