左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「船橋のなし」を商標登録 JAいちかわ2014年12月26日

一覧へ

 JAいちかわ(千葉県)は地域ブランドとして、「船橋のなし」を申請。12月25日に特許庁から地域団体商標登録として認可された。同市の地域ブランド農作物は「船橋のにんじん」に続き2例目となる。


JAいちかわ、生産者が市長に地域ブランド登録を報告した。(左から)植草猛・船橋市果樹園芸組合副組合長、松戸徹・船橋市長、小泉勉・JAいちかわ組合長、玉井由孝・船橋市果樹園芸組合組合長(写真)
JAいちかわ、生産者が市長に地域ブランド登録を報告した。(左から)植草猛・船橋市果樹園芸組合副組合長、松戸徹・船橋市長、小泉勉・JAいちかわ組合長、玉井由孝・船橋市果樹園芸組合組合長

 船橋市果樹園芸組合によると、船橋のナシ生産者は125戸あり、作付面積は158ha。年間出荷量は約12万ケース(10kg入り、平成25年実績。JAいちかわ調べ)だ。千葉県のナシ産出額は県別では全国1位だが、その千葉県内での市町村別産出額で船橋市は4位になる。
「船橋のなし」のサンプリングイメージ 船橋のナシ生産は昭和35(1960)年に果樹研究会が設立されたのをきっかけに広がり、生産者、JA、行政などが一体となって果樹園地を計画的に拡大してきた経緯がある。今回のブランド登録については、平成19年ごろから市とJAいちかわが共同で県内外の小売店でのPR活動を精力的に行い、また、船橋市非公認キャラクター「ふなっしー」の活躍などもあり、認知度が高まったことで認可された。
 船橋市で作られる主なナシ品種は、「幸水」(8月上?下旬)、「豊水」(8月下?9月中旬)、「新高」(9月中?10月上旬)など。
 船橋市では、今回の地域ブランド取得により「市民にとっては地元の特産であるナシを誇りに思っていただくとともに、生産者にとってもますます生産意欲を高め、おいしいナシづくりに取り組んでほしい」と、さらなる産地発展を期待している。

(写真)
「船橋のなし」のサンプリングイメージ


(関連記事)

人工授粉が要らないナシ 農研機構が育成(2014.12.05)

【わがJA 一品厳選】[17]梨ウオーター(JAいちかわ・千葉)(2014.08.05)

農協改革で討議 新世紀JA研究会がセミナー(2014.06.27)

JA全農とっとりが輸出促進でドールと協定(2014.03.26)

日本ナシの収穫量前年より3%減(2014.02.19)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る