野菜・果物 ニュース詳細

2015.06.11 
冬春野菜の需給ガイドライン策定 農水省一覧へ

 農林水産省は27年度冬春野菜等の需給ガイドラインを策定し6月10日公表した。

 農林水産省は主要な野菜について需要に即した生産を図るため、毎年、次期作の夏秋野菜と冬春野菜の需要量、供給量、作付面積に関するガイドラインを策定している。 全国の出荷団体はガイドラインをふまえて供給計画を策定し計画に即した野菜の出荷に努めることとなっている。

 需給ガイドラインのうち春キャベツの例は以下のとおり。

【春キャベツ(4月6月出荷】
需要量=27万900t(純食料ベース)、供給量=38万4000t、国内産供給量=37万6600t、作付面積=9050ha(26年産9180ha)。※純食料とは人間の消費に直接利用可能な食料の形態。

◎ガイドラインの掲載先(農水省):http://www.maff.go.jp/j/press/

 

(関連記事)

世界の穀物消費量、史上最高を更新の見込み (15.06.11)

鳥獣被害、防止計画策定市町村は8割超 農水省 (15.06.10)

温州ミカン、リンゴの適正出荷見通し策定 農水省 (15.06.09)

野鳥の鳥インフル全て陰性 環境省・農水省 (15.06.01)

飼料用米増産を 申請期限を7月末に延長 農水省 (15.06.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ