左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

しゃべる野菜体験 トーカブル・ベジタブル 博報堂アイ・スタジオ2015年9月2日

一覧へ

 博報堂アイ・スタジオは、やさいの日(8月31日)を前にした8月30日に、スダラボと共同開発した「トーカブル・ベジタブル」の一般体験イベントを青山ファーマーズマーケットで行った。

nous15090402.jpg

トーカブル・ベジタブルのイベント風景 当日は親子連れや買い物客ら約500人が、「トーカブル・ベジタブル」を体験した。
 トーカブル・ベジタブルは、展示されている野菜に触れるとセンサーが反応し、まるで野菜がしゃべっているように見える店頭プロモーションツールのこと。
 トーカブル・ベジタブル開発者で博報堂アイ・スタジオの公文悠人氏は、「食育の問題、生産者の努力を伝えることをデジタルテクノロジーの力で解決できないかと向き合い、今回のソリューション(トーカブル・ベジタブルの開発)に至った。食の理解を深める新しいコミュニケーションの場をつくれたのではないかと思う」と語った。
 また、トーカブル・ベジタブルを体験した人に配られた、タカコナカムラ氏による、野菜の皮やヘタまで材料として捉えてまるごと食べる「ホールフード」のレシピも好評だった。

(写真)トーカブル・ベジタブルのイベント風景

(関連記事)

しゃべる野菜「トーカブル・ベジタブル」無料体験 青山ファーマーズマーケット (15.08.20

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る