左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

黄化葉巻病耐病性大玉トマト「桃太郎ホープ」 タキイ種苗茨城研究農場で2017年6月26日

一覧へ

 タキイ種苗(株)は6月23日、茨城県にあるタキイ茨城研究農場で夏期農場研修会を開いた。種苗店やJAの営農担当者などの関係者のほか、市場流通関係者など、およそ200社700人が来場した。

トマトについて注目する来場者ミニトマト「TY千果」ほ場で情報交換

 展示場では今年新発表された、黄化葉巻病耐病性を持つ大玉トマト「桃太郎ホープ」、黄化葉巻病耐病性で裂果に強いミニトマト「TY千果」、それに夏秋栽培用の大玉トマト「桃太郎ワンダー」、単為結果性のナス「PC筑陽」などが展示された。
 トマト「桃太郎」を栽培している地域のJAの営農担当者は、違いや栽培のポイント、追肥など現場で話ができるよう、真剣に情報収集に努めていた。
 またナス「PC筑陽」はハウス栽培用で、ホルモン処理などをしなくても安定して着果するため、省力化で訴求できるため注目が高かった。
 このほか、講演会も開かれ、現場の課題と最新技術の情報交流の場となった。

(写真左から)トマトについて注目する来場者、ミニトマト「TY千果」、ほ場で情報交換

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る