Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜の卸売価額は6%減へ2018年5月8日

一覧へ

・果実は数量で1%減、価額で2%減、農水省調べ

 農林水産省はこのほど、平成29年の青果物卸売市場調査(年間計および月別結果)の結果を公表した。

 それによると、平成29年の青果物卸売市場での野菜の卸売数量は1006万tで前年並みとなった。卸売価額は2兆1924億円で前年に比べ6%減少した。これは、ニンジンやバレイショなどの卸売価格が低下したことによるもの。
 また果実の卸売数量は305万tで、同1%減少した。これはスイカ、オレンジなどの入荷量が減少したことによる。卸売価額は1兆350億円で2%減少。リンゴやバナナなどの卸売価格が低下したことが要因。
 主要都市の青果物卸売市場での輸入野菜の卸売数量は17万1000tで16%減少した。これは、カボチャやタマネギをはじめとした輸入野菜全般の入荷量が減少したことによる。輸入野菜の卸売価額は449億円で9%減少した。ブロッコリー、タマネギなどの卸売価格の低下が影響した。
※ 主要都市とは、(1)中央卸売市場が開設されている、(2)県庁が所在する、(3)人口20万人以上で、かつ青果物の年間取扱数量がおおむね6万t以上の都市をいう。

 

(関連記事)
5月の野菜生育は平年並みに 農水省(18.05.07)
福島県産農産物の流通で小売業を指導(18.04.27)
市場淘汰・再編の恐れ 食料安定供給に不安も【阿部裕幸・JA邑楽館林常務理事】(18.04.09)
許可制から認定制へ 市場間の格差拡大も【野上昭雄・JA常陸代表理事会長】(18.04.05)
モーダルシフトへの転換を 青果物流通高度化で成果発表会(18.03.02)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る