左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ネバネバ感3倍、オクラ新品種発売 タキイ種苗2019年2月18日

一覧へ

 タキイ種苗(株)は、従来の品種に比べて粘りが3倍、水溶性ペクチン(食物繊維)は2倍のオクラ品種「ヘルシエ」を新発売する。

ネバネバ感3倍、オクラ新品種発売 タキイ種苗 オクラ特有の粘りのもとである水溶性ペクチン(食物繊維の一種)は、食事と同時に摂取すると食後の血糖値上昇が抑制されると言われている。
 同社が発売したオクラ「ヘルシエ」は、従来のオクラに比べて粘りが3倍、ペクチンが2倍も多く含まれている品種。噛めば噛むほどネバネバ感が増し、粘りの強さが実感できるという。
 また、これまでの色が白いタイプのオクラは一般的な緑のオクラに比べ発芽率が低く、タネを播く前に一昼夜水に浸しておくなどの処理が必要だった。「ヘルシエ」は同社独自の技術(特許登録済)でタネの皮にレーザー光で穴を開けることで吸水率が上がり、発芽率を大幅にアップさせている。価格は、100粒・513円、1000粒・3564円、1万粒・3万1320円(いずれも税込)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る