左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

旬到来、イチゴ「さちのか」初出荷 JA小松市2020年3月26日

一覧へ

 JA小松市みゆき支店で3月26日、イチゴの初出荷が行われた。

JA小松市の令和2年度イチゴ初出荷の様子JA小松市の令和2年度イチゴ初出荷の様子

 JA小松市管内では3軒の農家がそれぞれ1~2棟のハウスでイチゴを作付けしている。

 今年は病気がなく、年明け以降の天候に恵まれたことで、順調な生育となった。品種は、甘みと酸味のバランスがよく、果肉が締まって日持ちがする「さちのか」。

 これから出荷が本格化し、4月中旬から5月の連休頃にピークとなる。生産量は約1tの出荷を見込んでいる(JA小松市営農部園芸課)。

 3月26日午前7時から同JAみゆき支店(小松市日末町い59-1)で行われた"初出荷"には、イチゴ78パック、約25kgが出荷され、地元のAコープや農産物直売所「JAあぐり」などに並んだ。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る