左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

万能ソース開発で副収入を がんばれ外食産業第2弾 グリーンラボ2020年4月23日

一覧へ

 独自の縦型水耕栽培システムを展開する農業ベンチャーのグリーンラボ(福岡県福岡市)は、新型コロナウィルスの影響を受ける外食産業支援の第2弾として、全国6ほ場で生産しているバジルを利用した万能ソースを飲食店と共同で開発する。

同社が開発したバジルソースとドレッシング1同社が開発したバジルソースとドレッシング

同社が開発したバジルソースとドレッシング2 同社は新型コロナ対策支援の第1弾でフレッシュハーブ100グラムを飲食店に無償提供した際、利用店舗の多くから送ったバジルをソースに使った事例が寄せられた。

 そこで第2弾では、店舗のレシピを開示してもらい、同社と共同のソース開発を企画。完成した商品の売上の一部を飲食店に還元することで、新たな収入源にできればと考えている。

 現在、同企画に参加する飲食店を福岡県限定で募集している。

 問い合わせは(電話)090-1510-9920へ。
 

【万能ソース開発の参加申し込み】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る