Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ミニトマト1500パックを医療従事者に無償提供 パナプラス2020年7月2日

一覧へ

家庭園芸用野菜苗・トマト生産のパナプラス(株)は、栃木県で自社生産しているミニトマト「こくパリッ」1500パックを、新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医療従事者向けに無償で提供している。

「こくパリッ」とパナプラス(株)の小竹花絵社長「こくパリッ」とパナプラス(株)の小竹花絵社長

新型コロナウイルスによる脅威の中、同社は医療の最前線で奮闘する医療従事者への支援が重要だと考えている。日夜、勇気を持って診察や治療、感染症予防に尽力し医療を支える関係者に敬意を表し、「こくパリッ」を獨協医科大学病院やとちぎメディカルセンターしもつがなどに無償提供することを決めた。

同社は、「農業を通して 笑顔集まる 幸せ拡がる 喜び溢れる 商品とサービスを創造する」の理念のもと、日々植物に真剣に向き合い続けてきた。

新型コロナウイルスに対応する医療従事者に対して、食の支援や活動を通して「わずかな時間でも笑顔に過ごしていただきたい、お役立ていただきたい」との思いからトマトの無償提供を始めた。

「こくパリッ」は、5年にわたる栽培試験と成分分析を通して完成させた旨味を感じる高アミノ酸ミニトマト。一般的なミニトマトの約2~3倍の旨味成分を含む高アミノ酸トマトとなっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る