Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

廃棄ほうれん草でつくる「野辺山ほうれん草カレーペースト」先行販売2020年9月16日

一覧へ

夏のほうれん草でトップクラスの生産量を誇る(株)アグレス(長野県南佐久郡)は、自社で廃棄されるほうれん草を活用した「野辺山ほうれん草カレーペースト」を開発。クラウドファンディングサイト上で先行販売を開始した。

野辺山ほうれん草カレーペースト野辺山ほうれん草カレーペースト

同社は標高1300メートルに位置する野辺山の冷涼な気候を活かし、1日に2トンのほうれん草を出荷。その際、1トンの廃棄が生じるが、廃棄野菜の多くは葉が少し折れた程度でおいしく食べられることから、廃棄野菜を有効活用したカレーペーストを作り、フードロスの削減に取り組んでいる。

同社はもともと白菜とレタスを栽培していたが、先代社長の「とにかく面白いことをしたい」の思いから、夏の国内生産量が少ないほうれん草に品目転換。ビニールハウス100棟に1億円の投資をしたが、初年度1000万円の赤字を計上。そこから10年かけて、夏のほうれん草農家として日本トップクラスの生産量を誇るまでに成長したという。

「野辺山ほうれん草カレーペースト」 は、通常の加工食品ではありえないほど、たくさんのほうれん草をぜいたくに使用。ひと瓶250mlに、ほうれん草200グラム使い、水をいっさい加えず、野菜の水分だけで調理した濃厚なペーストだ。

クラウドファンディングで集まった支援金は、廃棄野菜を活用した新たな商品の開発投資に活用。支援者とのオンラインイベント開催も企画するなど、継続的に廃棄野菜の活用を進めていく。1瓶880円。

【「野辺山ほうれん草カレーペースト」クラウドファンディング】

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る