Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:アクサーFL
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

愛知・豊橋から「へたなしトマト」Plumシリーズが出荷開始2020年11月17日

一覧へ

愛知県豊橋市の(株)めぐりとまとは、“ヘタなしトマト”の「Plum Lemon」(黄色)と「Plum Red」(赤色)の今シーズンの出荷を始めた。Plumシリーズのトマトは、ヘタを取る手間がなくそのまま食べられ、インスタ映えする色鮮やかでゼリービーンズのような見た目が特徴。弁当の彩りになるとともに栄養補給に最適だ。

愛知・豊橋から「へたなしトマト」Plumシリーズが出荷開始

Plumシリーズのトマトは、豊橋市の太平洋に面した気候の良い土地で、「養液栽培」で作られている。トマトを苦手とする人は、トマトのゼリーのような食感や青臭さと酸味の強さを嫌う傾向があることから、皮を薄くすることでゼリーの食感を抑え、酸味を減らしたトマトの栽培に取り組んでいる。

ヘタなしトマト「Plumシリーズ」は、ミニトマトが苦手な子どもでも食べられるよう、皮が薄く、ゼリーも少ないためトマト独特の「プチっと感」を極力抑え、フルーツのようなさわやかな甘みがある。

運動会やピクニックなど外出先でお弁当を食べる際、しっかりと手を洗えないような時も手でヘタを取る必要がなく箸で食べられ、衛生的にも安心。また、同農場では食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられるJGAP(Japan Good Agricultural Practices)認証を取得している。

1パックあたり130gで、店頭小売価格は321円(税込)。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る