想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

いちご狩り園の味を自宅で 完熟あきひめ・あまりん・紅ほっぺ販売2021年1月14日

一覧へ

グルメ食品のインターネット通販「豊洲市場ドットコム」は、コロナ禍で1月の観光客の受け入れを延期した埼玉県深谷市の安藤農園のイチゴを1月中旬から販売開始。完熟あきひめ、あまりん、紅ほっぺのいちご狩り園で食べる「完熟の味」を届ける。

いちご狩り園の味を自宅で 完熟あきひめ・あまりん・紅ほっぺ販売

1月の開園に向けて大切に育てられたいちごの中でも特に「あきひめ」は、十分に熟した採れたてを食べるのが一番おいしい品種。熟す前では持ち味が発揮できないが、味が乗ってくると傷みやすくなるため流通には向かない。

豊洲市場ドットコムは、いちご狩り園で実ったいちごの行き場が無いという話を聞き、産地から直送する仕組みを活かし消費者の自宅へ直送することを決定。一般に流通しない、「あきひめ」の柔らかでジューシーな完熟の味を知ってもらうチャンスと考え、本来なら観光農園でしか味わえない美味しさを直送する。

今回直送する「あきひめ(章姫)」は、大粒で口に入れるととろけるように柔らかく、酸味が少ない果汁たっぷりのいちご。人気の品種「紅ほっぺ」は、で、程よい酸味が魅力。また、「あまりん」は、2016年に登録されたばかり、埼玉県のオリジナル品種で、丸く光沢のある見た目のしっかりとした果肉は、酸味が少なく高糖度のいちごだ。

安藤農園は、隣接する牧場とともに、身近に農業体験ができる施設。季節を通して家族連れでにぎわう観光農園で、例年なら1月に始まるいちご狩りは、コロナ禍で開園を延期した。園主の安藤巳喜夫さんと息子の佑生さんは「深谷市の豊かな自然の中での農業を体験される日を心待ちにしています。いつか現地、安藤農園にもお越しください」と話している。

安藤農園の安藤巳喜夫さん(右)と息子の佑生さん安藤農園の安藤巳喜夫さん(右)と息子の佑生さん

【埼玉県 安藤農園から直送「完熟 あきひめ・あまりん・紅ほっぺ」】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る