想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「聖護院かぶ」で新商品 セブンイレブン、JA全農京都と連携 京都府2021年1月22日

一覧へ

京都府は、セブンイレブン・ジャパン、JA全農京都と連携し、京の伝統野菜「聖護院かぶ」を使った商品を期間限定で販売。京都府とセブンイレブン・ジャパンは、2009年6月に締結した「地域活性化包括連携協定」により、京都府産の食材を使った新商品の開発・販売に継続的に取り組んでいる。

現在販売中の商品は、「聖護院かぶらのほっこりスープ」(370円)と「豚肉ときのこの聖護院かぶらおろし和パスタ」(448円)で、京都府、大阪府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県のセブンイレブン約2800店舗で販売している。

同協定は、地域活性化に向けた緊密な相互連携・協働の取り組みによる、京都府民へのサービス向上と地域の活性化を目的として2009年6月17日に締結。5周年の2014年には「銀しゃりむすび京丹後米」「京のおかずとだし巻玉子のお弁当」「京のおかずとおいなりさんみっつ」「宇治抹茶のパウンドケーキ」を展開。また、2020年1月には「聖護院かぶらと生ハムのサラダ」「京野菜の聖護院かぶらほっこりスープ」「京みぶ菜と油揚げの豚鍋」を期間限定で販売した。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る