想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コロナ禍で行き場を失った国産果実から新ジャンル「常備果」誕生2021年2月24日

一覧へ

農産加工物を販売するネットショップ「山下屋荘介」は、国産果実を1000個以上を煮込んで作った果肉入りシロップ「micca 蜜果 (みっか)」を販売している。

果肉入りシロップ「micca 蜜果」果肉入りシロップ「micca 蜜果」

「micca 蜜果」は、コロナ禍で行き場を失った果物で、今までになかった新しい商品を作ろうと、従来の果物缶詰やコンポートとも違う、果肉も、シロップも主役の、"新ジャンル"を目指して作られた。

全て国産の果物8種類をそれぞれ1000個以上煮込み、果物本来の美味しさと旨味を凝縮。いつでも手軽に使える瓶詰めで、常備菜の果物版ともいえる''常備果"は、どんな使い方でも、美味しく楽しめる。いつもテーブルに置いてもらえるよう、パッケージにこだわっており、「飲む・食べる・作る」と気軽に家でカフェ気分が味わえる。

国産果肉がそのまま漬け込まれたシロップで、好みの紅茶や炭酸水とmiccaを合わせるだけで、贅沢な果肉たっぷりのカフェ風おしゃれドリンクに変身。レモンやキウイなどの栄養素を活かした、デトックスウォーターもつくれる。また、果肉はそのまま食べても、ヨーグルトやアイスと合わせれば、カフェ風スイーツの出来上がり。パンケーキには、果肉を添えてシロップをかければ"映える"スイーツになる。トーストにトッピングしたり、コーンフレークと一緒にモーニングボールなど、主役にも脇役にもなる常備果として活躍する。

また、お菓子づくりはもちろん、フルーツに含まれる酵素にはお肉を柔らかくする作用があり、料理にも使える。果実の皮まで丸ごと使っているため、果肉と一緒に煮込むだけで果物の栄養と旨味が、一段上の料理に格上げする。

「micca 蜜果」は、一般販売に先駆け、あえてコロナ禍で生まれた商品とは謳わず、商品力のみでクラウドファンディング「makuake」にチャレンジ。初日で目標を達成し、最終的に目標の452%まで支援の輪が拡がった。廃棄処分になる可能性もあった果物から生まれたmiccaは、使い方やアレンジのバリエーションは無限大。SNSを中心にmiccaの輪が広がっており、miccaを使ったアレンジ料理の画像や、「食べられるインテリア」としてギフトにも使いたいという投稿など、インスタグラムを中心に続々と思わぬ反響があった。

「micca」はレモン・清美オレンジ・もも・はっさく・ゆず・うめ・りんご・キウイの全8種。 内容量450g(果肉150g)で1本1280円(送料別・税込)、3本セットは3980円(送料・税込)。インスタグラムでは思わぬ反響も

インスタグラムでは思わぬ反響もインスタグラムでは思わぬ反響も

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る