Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

有機・無農薬の野菜で6次産業に取り組み「氣賀澤農園」コーポレートサイト開設2021年3月9日

一覧へ

長野県駒ケ根市で米と野菜を有機・無農薬で栽培する氣賀澤農園は3月8日、コーポレートサイトを開設。サイトではブログなどで全国へ向けて発信するとともにお米など農産物や加工品の漬物などをオンラインでの購入できる。

標高約650メートルの高地気候に恵まれたアルプスが2つ見える農園標高約650メートルの高地気候に恵まれたアルプスが2つ見える農園

氣賀澤農園は、中央アルプスと南アルプスを眺望できる土地で人と土地に優しい農業をめざし、米と野菜は5年前から化学肥料・農薬不使用の有機・無農薬栽培を実践。2019年の「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」で評価された。

有機・無農薬の野菜で6次産業に取り組み「氣賀澤農園」コーポレートサイト開設同農園は、冬の間の休耕期間の事業として、6次産業活動するため長野県から漬物製造業許可を取得。農園で収穫した安全・安心な野菜を漬物に加工して販売している。アミノ酸など合成物質は使わずに作る漬物の製造する際は、野菜の収穫時を思い出し「あの時のお野菜がもっと美味しくなってほしい」と祈りを込めて一つひとつ丁寧に作っているという。

漬物の商品は、イヌリンが豊富に含まれダイエット効果や腸内環境を整えるとされる菊芋の醤油漬けや味噌漬けに、白かぶ味噌酒粕漬けなどのラインナップで、今後はピクルスの瓶詰めの販売も予定。

【氣賀澤農園HP】

【氣賀澤農園LP】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る