Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

「レモンバーム」などマイクロハーブシリーズの新商品発売 村上農園2021年5月14日

一覧へ

村上農園は5月17日、シェフ向けの野菜「マイクロハーブ」シリーズから、レモンのようなさわやかな香りを持つ「レモンバーム」や、深い紫色が珍しいミニサイズのバジル「バジルパープル」など、4商品を発売する。

「レモンバーム」などマイクロハーブシリーズの新商品発売 村上農園

マイクロハーブは、個性的な風味や色、形を持つ、発芽後2〜3週間の小さなハーブ類。ミニサイズでも親野菜に負けない香りや味を持ち、料理の見た目を華やかにするだけでなく、味わいのアクセントとしても存在感がある。これまで日本にはなかった新たな野菜カテゴリーとして同社が提唱し、2018年4月から販売をスタート。有名レストランに採用されるなど、プロの料理人の間で徐々に認知を広げ市場を拡げている。

同社は、これまでにマイクロハーブシリーズとして15商品を発売。今回シリーズに加わる4商品は、レモンのようなさわやかな香りの「レモンバーム」、ごまのような風味の「セルバチコ」、クセがなくやわらかな食感がヨーロッパで人気の「マーシュ」、深い紫色のバジル「バジルパープル」の4商品。いずれも事前にプロの料理人に試食してもらい、評価やニーズの高かった品目となる。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る