JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

福岡県嘉麻市で生まれた希少生枝豆「嘉麻ひすい」事前予約を受付中2021年6月4日

一覧へ

地域金融と地方創生に取り組む市民会社の株式会社かま(福岡県嘉麻市)は、今秋収穫予定の希少な高級生枝豆「嘉麻ひすい」の事前予約を、嘉麻市の特産品ECサイト「かまチョク」で受け付け中。また、クラウドファンディングのCAMPFIREで生産者を支援するプロジェクトを6月11日まで限定公開している。

根付き・枝付きで箱いっぱいに入った嘉麻ひすい根付き・枝付きで箱いっぱいに入った嘉麻ひすい

嘉麻ひすいは、嘉麻市で栽培した青大豆の品種キヨミドリのブランド名。通常の枝豆に比べて味が濃く、最もおいしく食べられるのは1年に1度の秋で収穫して4日以内と、その希少性から人気が高い。昨年夏、初めて栽培に取り組み収穫した。

嘉麻市は、2006年の市町村合併から徐々に人口が減り、いまでは4万人に満たない小さな町。同社はそこで希少価値のある高級生枝豆を栽培する生産者たちの強い想いを全国へ届けようと昨年、収穫した嘉麻ひすいを販売するECサイトの「かまチョク」を立ち上げ、事前予約で販売した。今年も秋の収穫に向けて栽培が始まっており、かまチョクで事前予約を受け付ける。発送は10月頃を予定。収穫当日に冷蔵便で新鮮さを損なわないよう、根付き・枝付きで届ける。

また、PRの一環として、今年はクラウドファンディングを公開。支援者にはリターン品として、1~7箱までの嘉麻ひすい(1箱500g)と、生産者から感謝の手紙を送る。支援プロジェクトは6月11日23:59までの限定公開。

【嘉麻ひすいの事前予約販売サイト「かまチョク」】

【クラウドファンディングサイト】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る